読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉えらび

好きなキャラクターたちについて、詞を書きます。そして声優さん。と、独り言。

真綾さんの 

みなさま、お久しぶりでございます。
 
最初の方の記事を読み返していたら、
投稿が200日前とかになっていて。
 
「?」
 
時の流れは速いですなあ。としみじみ。
 
あっという間に初夏。
 
そんな今日も今日とて、
坂本真綾さんの歌を聴く日々。
 
でね、いままでは思い浮かんだ歌詞を書いていたのだけど、
今回は趣向を変えて。
 
既存曲に、詞をつけてみたのです。
 
いまの歌詞も大好きで、もう大好きなのだけど、
自分ならなんて書くんだろうなあって思ってね。
前からやってみたかったんです。んふふ。
 
それが、こちら。
 
=====================
 
 
ひとつだけ だと
信じていた 愛
もう一度ねむって さよならして
遠ざかってく ときめきに ほほえむの

指先の未来
一緒にいきたい もっと先へ

永遠だなんて 笑って 見つけたいもの 忘れてきた
うんときらっと 光った この夏をずっと きみと生きていたい

優しさの中に

かくれた涙
かくれんぼみたい 寂しくなる
宝箱のフタ 開けたまま 忘れてたの

取り戻したい 思い出もみんな 手繰り寄せるから

時間の中 ずっと 歩いてく このあゆみ忘れないで
淡くきらっと 光った 遠いあの海を きみと眺めたい

ひとりぼっちにした あの日のじぶんや
うそぶいたもの さえ今は
遠回りでいい そのすべてをぉ 信じてあげていて


永遠だなんて 笑った そんなじぶんを 抱きしめたい
もっと素直に 笑って 終わらないときを この夏を
もう一度 そっと
 
 
時間の中 ずっとずっと歩いてく 
あゆみをきみと 歩きたい
 
===========================
 
 
はい。恥ずかしいので、曲名は秘密!(笑)
分かった方がいたら、コメントで教えてくれたら嬉しいです。
 
さてさて。
 
 
また書きますね。
 
では!