読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉えらび

好きなキャラクターたちについて、詞を書きます。そして声優さん。と、独り言。

新年のはじまりと、声優総選挙…?とは

皆さま、お久しぶりです。
lalalaです。

あっという間に年も明け、
ちょっとびっくりしています。
今年はもう少し、こまめに更新したいと思います…!
よろしくお願いします!



今日は。ひっそり。
声優総選挙について思ったことを。


いや~~やっぱり山寺宏一さんってすごいですね…!
同業の方から認められるっていうのはやはり嬉しい事なのかな、と
想像してみたり…!まあ、見ていないんですけれど。

 


何で見なかったのかというと、何やら違和感を感じたからで…。



そもそも、「声優総選挙」って、おかしいよなあ、と。


だって、俳優さんだったらやります?これ。
歌手でもやらないですよね。

なんか、声優さんだからやってる感じが…なんとも…
 
私の感覚ですと…
演技とか、そういうのって点数つけられないよなあって。
歌も、演奏も、演技も、画もなんでもそうですけど、
好みがあるし、やっぱり評価って十人十色だと思うし。
 
それを順位づけるって、なかなかハード…。
尊敬できる、すごいと思う、とかいう主観ベースなら理解できますけどね。
(今回の声優総選挙はこれだったように思います、確か)

俳優さんには日本アカデミー賞だってあるし、
舞台やミュージカルでの演技を評価する賞もある。
歌手の方だって、売上だったりで人気が図られることもあるけど、
色んな賞があって、都度評価されてる。
声優さんにも、声優アワードがあるし、評価されるタイミングはある。

そういったところで、何の差異もない中で、
なぜ声優さんだけ「総選挙」…?

総選挙ってそもそも何…

コトバンクより

選んだ人たちでユニット作るわけでもないし、
選んでどうなるの…メリットあるのかな…
名前が知られて、作品に使われるようになる…?
箔が付く…?

お菓子とか、食品とか総選挙はお菓子自体の広告にもなって、
商品の売れ行きにも効果があると思うのです。
そういうことも想像つくんですよ。
まあそれにしても総選挙って日本語には違和感ありますが…。

私はアニメ大好きだし、作品を作ってらっしゃる声優さんたちも大好きなので、
なんだか今回の総選挙には疑問を持ってしまいました。
 
とはいえ、自分が好きな声優さんが〇位にランクイン!とか
Twitterのタイムラインで見つけると、「♡」と思ってしまうんですけどね!(笑)
 
 
さてさて。
 
今年の声優さん活動は、
3月4、5日のKiramune Music Festivalから始まります!
 
なんとかそこまで元気にお仕事頑張るぞ~!
詞も書くぞ~~!
 
今年もお付き合いのほど、よろしくお願いいたします!