読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉えらび

好きなキャラクターたちについて、詞を書きます。そして声優さん。と、独り言。

思いを、つなぐ -リヴァイ・アッカーマン兵士長(進撃の巨人)

 

みなさま、こんにちは。

lalalaです。

 

さっそく、キャラクターに思いをはせて、

詞を書いてみました。

 

初回は、ご存知の方も多いであろう、

進撃の巨人』から、リヴァイ・アッカーマン兵士長を。

 

私自身、とても好きなキャラクターでして…

彼の意志の強さと決断力、

過去と対峙して、何度でも前を見て戦おうとする姿に、

力をもらっています。

 

早くあの世界が平和になって、

みんなが笑顔をで暮らせる日がくればいいのになあ…。

 

でも、どうも、正義は悪で、悪は正義、のような、

複雑な匂いもして来て…益々目が離せない…。

 

終わりが見えない世界で戦うリヴァイの心。

何を思うのか。想像して書いてみました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

真っ暗な底 感じた永遠の終わり
信じられたんだ 孤独だなんて
取るに足らない 夢物語だったって
前を向くことは 守ること
すべてを選んだのは 自分だった 


あと少し 指先から落ちてゆく
その笑顔さえ 守り切れないのなら
この力なんて くれてやる

失くすことで 背負う思いは増えた
ざわめくこの心 惑う選択
悔いなきものを 胸に刻みつけて

 

何もいらない でもそこにあった
あの日に戻りたい 何度願っただろう

捧げられるものが あるのなら
すべてを投げうって あの日々のため
己のすべて 賭してやる

ふるえる瞳 迫ってくる慟哭

今も残る 温もり

「守るために 悪魔にもなる」

その下の弱さ 気が付かないふりしてた
どうしてだろうか あの日の言葉さえも
いまだに 飲み込めないまま

 

ピエロになろうか わかりやすい道化

守るためなら 惜しくなんてないから
遠くそびえる 壁の向こう側
永久に消えない 忘れられない

思いを抱えきれないほどに  

抱いて眠る その日まで

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

…はい。




混沌として、淀んだ世界で生きるリヴァイ。

その彼の心、少しでも寄り添いたいなと思って書きました。

 

検討違いなら、すみません。私個人の言葉です。お気になさらず…。

共感いただけた方、コメントでもなんでもリアクションいただけたら幸いです。

 

また書きます~~!

それでは!

 

lalalaでしたっ